筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなるって本当?

筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなるという話はよく出てきます。

この事実は本当なのでしょうか?
確かに体操選手等の筋肉を必要とする選手を見ると身長が低い傾向があります。

身長が伸びる時期に過度な筋力トレーニングをすると、傷の修復の方にエネルギーが割かれ身長が伸びなくなるということはあるようです。
ただ、それはあまりにもハードなレベルの筋トレをしたという話。

一般の部活動レベルの筋トレが影響するとは考えられません。
バレーボールもバスケットボールも部活動で筋トレをしますが、身長はどんどん伸びていきますよね。

身長のことを考えるのであれば、過剰なトレーニングは避けるということで骨に良い運動をするようにしていきましょう。

中学生・高校生の身長を伸ばすサプリメントとしてはこちらがおすすめです!

中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】はこちら


プラステンアップによって、今まで伸びが悪かった身長が改善するという例が多く出ています。ぜひプラステンアップを検討してみてください。

.
.
.
.
追記
ここではプラステンアップの追加情報について書いていきたいと思います。

外見を整えることで気分が良くなりおおらかになるのは、顔に悩みを持っている人もいない人も一緒。私たちは化粧を己の内側から元気を見出せる最善の方法だと認識しているのです。
現代社会に暮らすにあたっては、体の内部には人体に悪い影響を及ぼすケミカルな物質が蓄積され、さらには自分の体の中でも老化を促すフリーラジカルなどが次々と発生していると言い伝えられているようだ。
よく聞くピーリングとは、古くなってしまった不要な角質層を専用化粧品などでピール(peel:皮をはぐの意味)することで、まだ新しくて化粧ノリの良い表皮に取り替えようとするシンプルな美容法です。
美白という美容法は2000年より少し前に化粧品会社創業者・鈴木その子が提案して人気になったが、90年代前半にはメラニン色素の増加によるしみ対策のキーワードとして活用されていた。
本来、健やかなお肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルになっており、日々刻々と肌細胞が生まれ、1年365日取り去られています。この「毎日の生まれ変わり」のおかげで私たちの皮膚は若々しい状態を保持し続けています。

お肌の若々しさを生み出すターンオーバー、別言すると皮膚が生まれ変わることができる時は一部に限定されていて、夜中に就寝している時だけだと言われています。
押し返してくるのが弾むような皮ふのハリ。これをもたらしているのは、化粧品でおなじみのコラーゲンなのです。スプリングのようなコラーゲンが十分に皮ふを下支えしていれば、肌はタルミとは無関係でいられるのです。
メイクアップではアザなどを隠すことに重きを置くのではなく、メイクを通して結果的に患者さん自身が己の容貌を受容することができ、復職など社会生活への再出発を果たすこと、かつQOL(クオリティーオブライフ)を今よりも高めることが目的なのです。
審美歯科は、美しさに主眼を置いたトータルな歯科医療の分野。歯の役目には物を噛むなど機能的な一面と、審美的な側面があるが、2つとも健康に関わる非常に大切な要素だと考えている。
洗顔料などできちんと汚れを落とす必要があります。洗顔石けんは肌に合ったものを使ってください。皮膚に合っているようなら、安いせっけんでも大丈夫ですし、固形せっけんでも何も問題はありません。

健やかな身体にもみられるむくみだが、これはごく自然なこと。殊に女性は、脚のふくらはぎのむくみを嫌がるようだが、二足歩行の人間なら、下半身が浮腫んでしまうのはいたって普通の状態なので神経質になる必要はない。
押すと戻るお肌の弾力感。これを保っているのは、みなさんご存知のコラーゲン、すなわちたんぱく質なのです。バネの働きをするコラーゲンがしっかりお肌を下支えしていれば、弛みとは無関係なのです。
尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を配合している美肌水は肌に優しく、肌が乾燥しやすい人に有効な化粧水です。防腐剤や芳香剤など余分なものを加えておらず、お肌の敏感な方でも使用することができます。
美白(びはく)は90年代の終わり頃に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を説いて流行したのは記憶に新しいが、それよりももっと昔からメラニン増加による様々な肌トラブル対策に用いられていたようだ。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状と関係している事の中でことさら皮膚の持続的な症状(かゆみなど)を認めるものでこれも皮膚過敏症のひとつなのだ。

身長を伸ばしていくのであればプラステンアップを積極的に利用していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする