成長ホルモン分泌不全性低身長症で中学3年で146cm 身長を伸ばしたい

身長についてです。

自分は成長ホルモン分泌不全性低身長症で中学3年で146センチです。
低身長症があるから伸びにくいのはわかっていますがどうしても伸ばしたいです。
伸ばす方法を教えてください。お願いします。

成長ホルモン分泌不全性低身長症ならば、成長ホルモン充填療法によって成長ホルモンの不足分を補って症状を改善させることができますが、きちんと治療されているでしょうか。

医師に診断してもらうときに、身長の伸ばし方についても相談するとよいでしょう。

運動をすることで成長ホルモンの分泌を促進します。食欲を増進し、熟睡をもたらし、ある程度骨に縦方向の圧力がかかる運動が、身長を伸ばすためには適しています。

身長を伸ばす(脚を長くする)のに適した運動は、縄跳び、バレエ、ストレッチング、ジョギング、ダンス、水泳、バスケットボール、バレーボールなどです。

一方で、身長を伸ばすのに適さない運動は、好きでないのに嫌々ながらする運動、重量挙げ、過度な運動、マラソンなど消耗の激しい運動です。

食事について、日本人は身長を伸ばすのに特に重要な栄養素のうち、カルシウムが大きく不足しがちで、他にマグネシウム、亜鉛、アルギニンが不足しやすいので、これらの摂取量に特に注意を払いながら、たんぱく質など他の栄養素の適正摂取量を心がけるようお勧めします。栄養素の適正摂取量や食材については上記知恵ノートのリンク先に載っているので、参考にしてください。

睡眠について、成長ホルモンは深い睡眠中に分泌されますが、盛んに分泌される時間帯が夜23時~3時くらいまでなので、中学生なら21時には寝るようにするのがお勧めです。

それから、姿勢を正すよう心掛けてください。人によってはO脚やX脚、猫背を直すことで数cm高くなる場合もあります。曲がったところを真っ直ぐにすれば、本来の身長になるというわけです。

上記は質問掲示板でのQ&Aのやりとりになります。
必ずしも正しい情報とは限りませんので参考ということで
見てみてください。

まだ成長の可能性がある子どもであればサプリメントを
飲むことによって身長を伸ばすことは可能です。

<身長を伸ばすおすすめのサプリメント>

アスミール 詳細はこちら

<TOPページへ>

子どもの身長を伸ばすサプリメントについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする