身長伸ばすのを意識していると逆に良くない?

身長伸ばすのを意識していて、常に身長が伸びてるか確認したり、他の人と比べたりしていると、それが逆にストレスになって伸びないということはありますか?

身長を伸ばすには身長を意識しないのが1番良いですか?

長を伸ばしたい人にとって全く身長の伸びを意識しないというのも無理な話ですが、毎日身長を測らなければならないほど強く意識するのも過度なストレスの原因であり、過度なストレスは身長の伸びに悪影響を及ぼします。

つまり、ほどほどに意識するのが望ましいです。

身長の伸びを意識して下記内容に頑張って取り組み、夢中になっていたら結果として身長が伸びていたというのが望ましいです。

運動をすることで成長ホルモンの分泌を促進します。食欲を増進し、熟睡をもたらし、ある程度骨に縦方向の圧力がかかる運動が、身長を伸ばすためには適しています。

身長を伸ばす(脚を長くする)のに適した運動は、バレエ、ストレッチング、ジョギング、ダンス、水泳、バスケットボール、バレーボール、縄跳びなどです。

一方で、身長を伸ばすのに適さない運動は、好きでないのに嫌々ながらする運動、重量挙げ、過度な運動、マラソンなど消耗の激しい運動です。

消耗の激しい運動に該当するかどうかは翌日以降にも疲れやストレスを引き摺るかどうかが目安となります。

食事について、日本人は身長を伸ばすのに特に重要な栄養素のうち、カルシウムが大きく不足しがちで、他にマグネシウム、亜鉛、アルギニンが不足しやすいので、これらの摂取量に特に注意を払いながら、たんぱく質など他の栄養素の適正摂取量を心がけるようお勧めします。栄養素の適正摂取量については上記知恵ノートのリンク先に載っているので、参考にしてください。

睡眠について、成長ホルモンは深い睡眠中に分泌されますが、盛んに分泌される時間帯が夜23時~3時くらいまでなので、中学生なら21時、高校生なら22時には寝るようにするのがお勧めです。

また、正しい姿勢を取るようにしてください。O脚、X脚、背骨の湾曲を矯正することで、人によっては数センチ延びる場合があります。また、朝と夜のストレッチにも取り組むと良いでしょう。

上記は質問掲示板でのQ&Aのやりとりになります。
必ずしも正しい情報とは限りませんので参考ということで
見てみてください。

まだ成長の可能性がある子どもであればサプリメントを
飲むことによって身長を伸ばすことは可能です。

<身長を伸ばすおすすめのサプリメント>

アスミール 詳細はこちら

<TOPページへ>

子どもの身長を伸ばすサプリメントについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする